2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.02 (Sun)

ムンテラ!!


Pizzicato Five - The Night Is Still Young (東京の夜は7時)

singlessingles
(2006/03/31)
pizzicato five

商品詳細を見る


今日はのんびり過ごしています。
2月の日曜日はあまりにも予定がビッチリだったので、何だかホッとします。
3月は今のところスケジュールを緩めに設定してます。
緩急のバランスは取った方がいいですよね。

今日は、病院でSWの仕事をしていた頃のお話です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ←ポチっと押していてください☆
☆おバカなアンケートシリーズ☆
ドラえもんの道具で欲しいものは?(四次元ポケット以外)
2008年、3月6日締め切りデス!!
(プレゼント企画ではありません。)

Hくんの結婚式『クイズ1・2・3!!』
フォームはコチラ
ヒント⇒
2008年、3月9日締め切り予定です!
(プレゼント企画です!!)
※プレゼント希望されない方の参加もOK!

【More・・・】


人志松本のゆるせない話(Part.3)


私は、2年間弱ほど病院の相談員をしていました。
今とは別の法人でした。現在の法人には、この3月でちょうど2年前にやって来ました。

今回は、病院の相談員時代の話です。結婚する前で、もう2年以上前のお話。

病院の相談員の仕事とは、病院によって様々ですが、
患者さんの退院後の生活についてや、経済面の相談員など色んな仕事があります。
この高齢化社会という中、私が勤めていた病院も患者さんの多くは高齢者の方でした。
それ故に、高齢者の方の退院後の生活についての相談。施設入所についての相談が多かったです。

因みにヨメさんは、介護支援専門員(ケアマネジャー)の仕事をしています。
今の私の仕事に近い感じです。
私とは全く違う職場なんですが、高齢者が在宅へ退院する際に、
担当してもらう為に、私からヨメさんに仕事を依頼するコトも何度かありました。
(ただ、結婚直後にヨメさんの勤務先が他区に移ったので、機会は減りましたが。)


その何度かのうち、忘れられない患者さんがいます。Mさんという女性です。
今もヨメさんが担当しているようです。

確か大腿骨の骨折での入院だったかと思いますが、一度治りかけたところを再骨折したり、
ボルトをかました患部が化膿してしまい、結局そのボルトを外したりと、
リハビリも進まず、入院が長期化していました。

Mさんも、食事をあまり摂ろうとしない時期があり、
病院にいながら栄養状態はあまりよくありませんでした。
骨折箇所も、なかなか骨が育たない状況でした。
なかなかうまく進まなかったことで、本人も病院側ももどかしく感じていました。


医療保険制度上、長期の入院となると病院への報酬が劇的に下がるタイミングがあります。
病院としては経営面を考えて、出来る限りそれまでに治療を終えてしまいたいのです。

Mさんの場合、病院の方針では、これ以上の入院期間は本人の為にもよくない。
在宅への退院、在宅生活が難しければ、施設入所の話をしていこうということになりました。
ただ、Mさんは一人暮らし。子どももなく、親戚も遠方です。
在宅へ帰る場合にはかなりサービスの利用などをしっかり整えないと帰すには不安です。
本人の思いは一つ。「家に帰りたい!!」

在宅の担当ケアマネジャーとして、私はヨメさんに仕事を依頼しました。
当初は、3人の看護師でMさんをトイレ介助をしていました。
ただ、在宅復帰をするにはヘルパーさんをそこまで提供するのは困難なので、
もう少し改善されてから、在宅復帰をしましょうということになりました。
トイレを一人で行けるようになったら退院!それが目標となりました。
入院期間は長くなっていましたが、本人のことを考えて引き続き入院してもらうことに。


それまでは、リハビリ意欲のあまりなかった本人は頑張り始め、食欲も増していきました。
本人の頑張りもあり、みるみる状態はよくなっていきました。

「これなら、家に帰ってもらえるね。」
病棟の看護師長も、安堵していました。

そして、ある日・・・
リハビリ本人への医師からのムンテラ(病状説明)を関係者とともに行なうので、
ヨメさんにも参加して欲しいと頼みました。



そしてムンテラの日。あれは、今ぐらいの時期だったでしょうか。

Mさんが入院している病棟のフロアにあるカンファレンスルームで、始まりました。

担当医の副院長(当時)、Mさん、病棟看護師、理学療法士、私、ヨメさん。

ピーンと張り詰めた緊張感たっぷりの空気。

私も緊張していました。

副院長は、レントゲンのフイルムをMさんに見せながら、これまでの経過と現状を説明しました。

「Mさん、今回のリハビリはうまくいきました。退院しても大丈夫ですよ。」

私やヨメさんも、具体的に家でどのようにサービスを入れていくか、

色々と提案をしていきました。

その場で、Mさんの在宅復帰に向けての話し合いをしていました。

私としても、これだったら本人は家で頑張れるんじゃないか。そう思えてきました。

入院期間が長期化となるのは、あまり好ましくありません。

病院は治療する為の場所であって、生活するには家が一番です。


最後に、本人に意思を確認すると・・・


























せんせぇ~~

そりゃ、殺生やわ~

もうちょっとおらしてくださいな~

せめて、暖かくなる頃ぐらいまで~~










「・・・」
副院長、固まりました。

「・・・」

それをみんな敏感に察知して、凍りつきました。


おいおいおい!!

雰囲気サイアクや~ん!!




明らかに、副院長は不機嫌な感じになりました。
そりゃそうです。
散々、Mさんのことを考えてここまで入院を伸ばしてきたワケです。
リハビリでのゴールも見えてきていました。
一人でトイレに行けることも可能になりそうでした。
暖かくなるまで・・・全然、目標と違うやん・・・。


そんな、重た~い雰囲気の中、
一人、その空気を読めていない人がいました。








Mさんが・・・

まあ、たのんますよ~~!!

ね、せんせぇ~


もう知らんわ!と言わんばかりに・・・副院長は席を立ち、去っていきました。

残された私たちは、ただ呆然とするしかありませんでした。

結局、Mさんの願い通り、入院期間はさらに延びて暖かくなった頃に退院していきましたとさ。

(おしまい)

■オマケ

ヨメさんの料理は本邦初公開かも?
ヨメチャーハン

ヨメチャーハンです。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ←どうでした?
ヒミツのお部屋コチラ
スポンサーサイト
22:10  |  気ままなSW事件簿  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

オバチャンは空気読まないからねー
仕方ないっちゃ仕方ない・・・か?

奥様・・・出前かと思いましたよ!
ぜひフランちゃんからお金とるべし!!
由岐乃嬢 | 2008年03月02日(日) 23:06 | URL | コメント編集

えええ~・・・・・・・・・・・

なんと凄まじい空気の読めなさなんでしょうか(ー”-;)
ロンサム | 2008年03月02日(日) 23:12 | URL | コメント編集

そういうことだったのですね・・・
義父がよく入院しますが、年寄りゆえ、あまり劇的に回復というわけには行かず・・・
でも、病院側は退院、退院とせかすせかす。
それじゃなければ転院、転院・・・。
それはこーゆーことなんだとわかりました。
1つ勉強になりました。
Mさん・・・自分の意志を貫き通して素晴らしい?

嫁チャーハン、お店のチャーハンかと思いました。美味しそうです!
カータン | 2008年03月03日(月) 00:05 | URL | コメント編集

むはw
まさに『KY』ですねん(*´∀`)
っていうか、チャーハンがめちゃんこ良い形ですネ☆★(笑)おわんさんですよネ~♪
まりまり | 2008年03月03日(月) 00:40 | URL | コメント編集

えーーーーー!

高齢の方はいろんな人がいるんだろうけど…
かなりなKY人だねー。

その後、病院での居心地悪くなかったのかな?
ひなた | 2008年03月03日(月) 04:28 | URL | コメント編集

実は入院しているのが徐々に快感になっていたりして。
でも 自宅療養の方が お金掛からないでしょうにねぇ。
凸拍手
ばんび | 2008年03月03日(月) 08:27 | URL | コメント編集

チャーハンうまそう(笑)
デカッって思ってしまったのは
ナイショです(笑)
しかし、お年寄りってそうなんですよね~
ワガママになるのは仕方ないとしても
空気が読めないのは
なんとも
・・・うちのばぁちゃんくらい空気よんでほしいですね~
うちのばぁちゃんは空気読みすぎでかわいそうになりますが
ももまり | 2008年03月03日(月) 09:56 | URL | コメント編集

そうですね。
長期化すると転院を繰り返すってことが多いですからね。

しかし暖かくなるまで置いてあげる病院もえらいですなぁ...
おうちがよっぽど寒いのでしょうかねぇ。
ごう | 2008年03月03日(月) 12:25 | URL | コメント編集

病院、あまり長く置いてくれないんですね~。
チャーハン、ちゃんとこうやって
お店みたいに盛り付けるんだね!
奥さま、やるじゃん♪
まるりん | 2008年03月03日(月) 12:53 | URL | コメント編集

自分で動けるようになって帰るのが億劫になってきたんでしょうねぇ。
病院にいればご飯の心配もいらないですからね。
だけどホント置いてくれた病院はすごいですよ。
いまどき珍しいですよね。
がんばる拓りんママ | 2008年03月03日(月) 12:57 | URL | コメント編集

炒飯美味しそう!奥様お上手ですね☆
Mさん、だんだん入院生活満喫しちゃってたのかな。
帰っても独りで寂しいですよ。
リハビリの病院は数ヶ月で退院してくださいと
言われるところが多いです。
父が幾つかの病院を順繰りにまわってました。
Mさんがいた病院は良心的な病院ですね。
やまP | 2008年03月03日(月) 15:51 | URL | コメント編集

えぇぇぇぇぇぇぇ~ (´Д`;)
何だそりゃ!!

Mさん、親切な病院でよかったですねぇ…


嫁チャーハン、すんごくおいしそう♪
何でこんなにキレイにできるのかしら~!愛!?
やっぱ 愛かちらっ!?
にこ | 2008年03月03日(月) 16:25 | URL | コメント編集

病院をホテルと間違ってるんでしょうか?
病院が楽しかったのかなあ。
家が寒いのかなあ。
チャーハン美味しそうです。
私も今度型に入れてみよう!!
まぼた | 2008年03月03日(月) 20:20 | URL | コメント編集

ふぅ~,やっとネットが繋がったよー(;゜;∀;゜;)
素人にもわかりやすい様にしてくれたらいいのにねぇ。
チャーハン本当においしそう。
いずはん | 2008年03月03日(月) 20:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。