2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.31 (Thu)

ある母と娘の話。




Daft Punk 「One more time」懐かしいデスね~♪

私が担当している92歳になる女性Aさんは、一人暮らしをしている。

すぐ近くに長女さんが住んでいて、毎日電話したり会ったりしているので安心だ。

でも、ホントに元気で大抵の家事は自分で出来る。

裁縫だって、オテノモノだ!!毎日、自宅の2階へ階段で昇り降りしている。

容姿は、80代前半と言われても疑われないかも知れない。70代でもいけるかも?

失礼かも知れないが、ホントに仕草からしゃべり方から、かわいい人なんです。

私は訪問するといつも癒されています。


今日は、Aさんについてお話しようかと思います。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ←続きをどーぞ・・・とその前にポチっとな♪

【More・・・】



大きくなれよ~♪


昨日、私は実習生を連れて彼女の家に訪問した。

私と久しく会ってなかった長女さんも、

私にちょっと話がしたいということで、彼女宅に訪れた。


「Y(私)さん、お久しぶりです!」

「ご無沙汰しております!!」


そして、長女さんは溜め息をつきながらこう言った・・・

「ちょっとね、この人には呆れてるんです」

「どうされたんですか?」


「母から『園芸の肥料が欲しい』とウチに電話がかかって来たんですよ。」

「ええ」


「私はマンションの管理組合の役員をしているものですから、

電話がかかってた時は忙しくって、ちょっと待って欲しいって答えたんですよ。」


「はい。お忙しいんですね。」


「そうなの。それで、ココの家に来てみたら・・・

肥料の袋がもう買ってあったのよ!!」


「え?」


「しかも、5キロの袋よ!!

もう危ないから、いつもあれほど重たいものを持たないように言ってあるのに!」


「ええ~!!どうやってもって帰ってきたんですか~?」


すると、Aさんはばつが悪そうに・・・テヘっと舌を出しながら・・・

「抱えてもって帰ってきたのぉ~」
(スーパーから自宅まで急な坂道があって、Aさんの足で徒歩20分ぐらい)


「重たかったでしょ?せめてタクシーに乗ってもよかったのでは?」


「店員さんから渡された時は、大丈夫だと思っちゃったのよぉ~

坂道を歩いてたら、もう引きずって歩こうかしらって思ったぐらいよ。

もう、疲れちゃってぇ~」



「これからは、重たい物を買うときは長女さんと一緒に行くか買ってきてもらいましょう。

もし、長女さんがお忙しいようであれば、ヘルパーさんに頼むこともできますから。」


「そうね・・・ウフフw」


「今回で、いいクスリになりましたね。転倒して大怪我になったりしなくてよかったですね。」


「はい、もうしませんよぉ・・・ウフっw」


「まぁ、Aさんみたいなお歳で・・・5キロの袋を抱えようと思うのがすごいですよ!

でも、あまりムリしないでくださいね!」


「はい。分かりました」


「ホントにもぉ~、母は元気過ぎて困ります。」


「でもね、おかげさまで立派な花が咲きましたの。」

一同、大笑いでした。少し呆れていた長女さんも笑っていました。
(鉢の植え替えも全てお一人でされたそうです。)



話題は変わって、実習生(女性)の話になりました。

長女さんが、「新しく入られた方なの?」と尋ねられたので、

看護師を目指している実習生であるということを説明しました。

Aさんは、自身が一度入院した時に、当時院内にいた看護学生にお世話になったそうです。

と言っても、20年ぐらい前のことですが・・・。

そのことを嬉しそうに思い出しておられました。


Aさんはニコニコして実習生に言いました。

「私はこれから、お世話になるだろうから、よろしくね!

大変でしょうけど、身体に気をつけて頑張りなさぁい!」

「はい、ありがとうございます。頑張ります!!」



Aさん宅からの帰り道、私は訪問した感想を実習生に求めました。

「私が出逢った人の中で、一番素敵な人かも知れません。」

「そうだね。私も、Aさんと会うといつも優しい気持ちになれるんだよ。」

「私も、Aさんのような歳のとり方をしたいと思いました。」

彼女にとって今回の実習は、とても有意義なものだったようです。

Aさんと出逢って感激したことを忘れず、素敵な看護師さんになって欲しいものです。

ま、Aさんみたいに、無茶はしないように・・・。ほどほどに。

Aさんも、ほどほどに。まだまだ元気でいてもらわないと。

みんなに元気を与えてください。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ←少し順位が元に戻った?!

スポンサーサイト
23:22  |  ちょっといい話。  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

あわわ・・・・・・
抱えてですかぁぁぁ?!!!

スゴイもんですねぇ(-0-;)
ロンサム | 2007年06月01日(金) 00:13 | URL | コメント編集

なんだか、自然と笑顔になっちゃうよぅないぃお話ですね♪
今日はいぃ夢が見れそぅ♡→ܫ←♡
ありがとぅです♪
ゆな | 2007年06月01日(金) 00:52 | URL | コメント編集

すごい!!
私もAさんみたいになりたいな~。
ただ元気なだけじゃなくて周りの人も幸せな気分に出来るなんて本当にステキ♪
実習生の子も今の気持ち忘れないで頑張って欲しいですね!
ぴっころ | 2007年06月01日(金) 08:13 | URL | コメント編集

すごい!!
いずはんもできるだけ元気に年をとって,迷惑が掛からない様に老後を過ごしたいわ…。
ポクリが理想だけどねぇ。
かわいいおばぁちゃんには本当に癒されるよね。
いずはん | 2007年06月01日(金) 08:53 | URL | コメント編集

Aさんとそのご家族はきっとすごくいい関係なんだろうなぁ。
理想だよね。
そういう人生が送れるようにあたしも頑張ろっと♪

学生さん、いい経験が出来て良かったね。
あたしも実習中に出会った人でかなり影響受けた人いるよ。
今後の学生さんにとってAさんは忘れられない人になるかもね♪
ミッチー | 2007年06月01日(金) 10:56 | URL | コメント編集

すごいAさん!!実は私も昨日ホームセンターで
園芸用の土(6キロ)かったんだけど、レジの順番待ちと
駐車場までたかだか20メートルで、手がプルプルしちゃった
んだけど^^;負けてられん!!
まるりん | 2007年06月01日(金) 11:38 | URL | コメント編集

なんかエェ話やなぁ~(笑)
ダンナのおばーちゃんも、もう90超えてるけどピンピンしてるらしい。
私は1回しか会った事ないけどね。
いつまでもお元気なのはいい事だけど、無理はしないで欲しいよね。
いつまでも長生きして欲しいしね。
実習生さんも夢に向かってがんばってー!!
妙ぴょん | 2007年06月01日(金) 13:19 | URL | コメント編集

そんな年の取りかたしたいよねぇ。
「可愛いおばあちゃん」なんて言われたいww

それにしても5キロ担いで20分…今だってできないわ、私w
nyao | 2007年06月01日(金) 15:48 | URL | コメント編集

うんうん。そうだね!そういう素敵な人との出会いがあるからこそ、明日もがんばろう!仕事がんばろう!って思えるよね
それにしても6㌔かぁ・・・すごい。
わたしには無理だな。(≧∀≦)尊敬・・。

丸大ハンバーグのヤツ・・。
爆笑!「大きくなれよー」って懐かしいね!今でも時々食べたくなるのよね。
まりい | 2007年06月01日(金) 17:30 | URL | コメント編集

★昔の人は・・

若い時の鍛え方が違ったのでしょねぇー?
人間出来てるし・・・

おばあさんみたいに素敵な性格の 歳の取り方したいです。
(*⌒∇⌒*)
遥か | 2007年06月01日(金) 22:20 | URL | コメント編集

年寄りってね、人に迷惑をかけないようにって育てられてきたせいか、なんでも自分でやつちゃうのよね。
じいちゃんもそういうタイプ。転んだら寝たきりだよ!って注意しても、こっそりやってる。
でも、そういう気持ちが元気の秘訣なんだね。
やぷー | 2007年06月02日(土) 08:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。